医者

産業医に受診しよう|将来かかりうる病気を防げる

ストレスによる病気の増加

病棟

ストレスが体に与える影響

うつ病や自律神経失調症などの治療には、心療内科や精神科への受診が必要です。うつ病や自律神経失調症の原因と考えられるのが、大きなストレスです。ストレスは日常で誰でも感じる可能性のあるものです。このストレスを自分なりに解消できる人もいれば、それができずに少しずつ蓄積してしまう人もいます。現代ではこのストレスを蓄積してしまう人が多いというデータがあります。今後ストレスやさまざまな理由によって、精神面を中心とした病気や症状に悩まされる人は増加すると考えられています。普段からストレスを解消できる方法を見つけたり、不眠などの症状があらわれた時には受診できる病院を探しておくと安心です。カウンセリングを受けるだけでも心の負担を軽くすることができます。

うつ病と双極性障害の違い

うつ病に似た症状に双極性障害というものがあります。双極性障害は、うつ病のように気持ちが塞ぎ込むなどの症状に加え、必要以上に気持ちが昂ったり活動的になる躁の状態があらわれます。この二つを繰り返すことが双極性障害の特徴です。落ち込むだけのうつ病とは違って明るい性格の時期もあるため、本人も周囲の人も気がつきにくいのです。うつ病と双極性障害は治療方法が異なるため気をつけなければなりません。目黒にはいくつかの精神科や心療内科があります。受診していることを知られたくないと考える人も少なくありません。目黒にある病院には、待合室が個室だったり患者同士が顔を合わせなくて済むようなつくりのところもあります。名前ではなく番号で呼ばれるなどプライバシーも守られています。目黒で自分に合った心療内科を探すためには、口コミサイトが便利です。目黒にある心療内科や精神科の情報を一度に集めることができます。