医者

産業医に受診しよう|将来かかりうる病気を防げる

敷居は高くありません

相談

心療内科と何が違うのか

心に悩みを抱え何とかしたいと思った場合に、精神科と心療内科とどちらを受診するのがいいのか迷われるかもしれません。どちらも心の悩みを相談するところですが、精神科の方がより深刻な悩みで、心療内科はもう少し気軽な悩み相談のように捉えている方も多いのではないでしょうか。精神科は精神疾患を扱う病院です。程度が軽い場合でも、うつ病や双極性障害などは精神科を受診するほうがいいでしょう。心療内科は、ストレスが原因で身体に悪影響が出ている機能的障害がある時に受診します。不安から不眠症になったり、ストレスで腸の調子がおかしいなど、画像検査では異常がみつからない不調がある時などを機能的障害といいます。ですから精神科は、より深刻な状態で利用するという訳ではありません。決して敷居の高い病院ではないので気軽に受診するといいでしょう。川崎市には、精神科、心療内科、この二つを併設した病院もあります。

医療費の負担軽減もある

精神科も診療内科も保険適用されますので、治療費は一般的な人であれば3割負担で済みます。薬が処方されるかどうかは、疾患によりますが、薬をあまり使いたくないようであれば、あらかじめ医師に相談するといいでしょう。身体の不調があり他の病院で診察を受けたのであれば、そちらで紹介状を書いてもらうといいでしょう。異常がみつからなかったとしても画像診断などがあるとよりスムーズです。精神科では血液検査をはじめ、脳の状態などを検査する場合があります。気になるのは医療費ですが、川崎市の精神科や心療内科では自立支援医療費制度を利用することができます。これを利用すると医療費負担が1割に軽減されます。申請の仕方など詳しいことは、川崎市の窓口で確認してみてください。川崎市内には評判の高い精神科医も多数います。医療費の軽減もありますので、じっくりと治療に専念できます。