医者

産業医に受診しよう|将来かかりうる病気を防げる

初めて相談に行くとき

カウンセリング

初診は時間の余裕を持って

初めて病院で悩み相談をしようと考えるなら、精神科と心療内科が併設された病院の方がいいかもしれません。精神科はうつ病などの精神疾患を診ます。心療内科は精神的なストレスが原因となって体に不調があるストレス性の病気を診ます。ですが、初めて病院に行くのであれば自分がどちらの状態かよくわからないこともあるでしょうから、併設されていた方が安心です。横浜のたいていの精神科、心療内科は予約制になっていますのであらかじめ予約を取りましょう。その際に、だいたいの所要時間の説明があるはずですが1時間から2時間程度かかるところが多いようです。初診では問診のほかに血液検査などをする所が多いようで、そういった検査時間も必要だからです。

保険適用の為高額ではない

横浜の精神科、心療内科で悩み相談をする場合、保険適用されます。ですので一般的な人であれば自己負担は3割で済みます。初診でも数千円と言ったところです。通院が長期に渡る場合には、自立支援医療費制度を利用することも出来ます。横浜市の窓口に申請しますが、こちらが利用できれば自己負担は1割に抑えられます。初回の悩み相談だけで、薬が処方されることはあまりありません。薬に抵抗感がある人もいるようですが、今の薬は効果が高く長期間服用しなくても済むものも、たくさんあります。悩み相談の内容によっては、薬物療法以外に、運動や食事についてのアドバイスもあるでしょう。このごろは、育児の悩み相談をする人も増えています。そんな悩みを抱えた女性のために、横浜では子育て経験のある女医が診察をしてくれるところもあるようです。このように、費用も高額にはなりませんしいきなり薬が出されるわけでもありませんので、精神科や心療内科に気軽に悩み相談をされたらいいのではないでしょうか。