医師

産業医に受診しよう|将来かかりうる病気を防げる

初めて相談に行くとき

カウンセリング

精神科や心療内科で悩み相談する場合、保険適用され自己負担は3割で済みます。初診では1,2時間程度かけて問診や検査を行いますので、時間に余裕を持ってでかけましょう。横浜には育児経験のある女医がいる病院もあります。子育ての悩みも気軽に相談できるようです。

もっと詳しく

ストレスによる病気の増加

病棟

ストレスが解消されずに蓄積されると、うつ病や自律神経失調症などの病気を引き起こす可能性があります。うつ病に似た症状に双極性障害がありますが、治療法はそれぞれ異なるため気をつけなければなりません。目黒で心療内科や精神科を探すときには、口コミサイトが便利です。

もっと詳しく

転ばぬ先の杖

先生

気づきを与えてもらう

産業医に受診するというと、かなり深刻な状況を思い浮かべるかもしれません。しかし産業医の本来の目的からするともっと早い段階での受診をするべきなのです。仕事が忙しいと少しの体調不良では疲れていると勘違いしたり、そもそも鬱のように自分では気づかない危険もあります。自分でもはっきりと体調や精神面に問題があることが分かるのであれば、病院にかかればいいわけですので、産業医の必要性はありません。残業の多さや体調不良での休みなどの状況を見て会社の指示や、念のための確認として自分の意思で定期的に産業医に見てもらうことで、将来的に大きな事態に発生することを防ぐことができるのです。重要なのは少しでもいつもと違う感じた時に、まず一度見てもらうことです。

人数が少ない会社での導入

従業員の数が多い会社であれば、産業医の設定が義務付けられますが従業員が50人未満の場合は法的には義務ではありません。しかし、最近は従業員数が少ない会社でも産業医を設定している会社が増えています。その目的は、従業員の健康状態を考えるというものもありますが、会社としての予防策という点もあります。体調の悪い従業員をそのまま仕事をさせて、工場内での作業中の事故や運転中の交通事故のような労災が発生した場合、会社は大きな責任を負うことになります。規模の小さな会社であれば、労災に対する支払いによって経営そのものが回らなくなることも考えられます。そのような事態が発生しないために、設定の義務がない会社であっても産業医の導入が増えています。

敷居は高くありません

相談

精神科はうつ病など精神に疾患がある場合に受診します。心療内科は、ストレス性の身体疾患がある場合に受診します。川崎市内には、精神科や心療内科、二つが併設された病院もあります。治療費は保険適用できますし、自立支援医療費制度を利用すれば1割負担で済みます。

もっと詳しく